ホーム > タグ > テクニカル

テクニカル

+DMI/-DMIを使ってトレンドを判定する方法

久々の更新!そしてブログを少しリニューアルしてURLを変更しました。

これまでADXの見方について何度か記事にしてきましたが、今日は+DMI/-DMIの使い方について少しみていきたいと思います。

①優勢な+DMI/-DMIの方向にのみトレードする。

+DMIと-DMIの位置関係はトレンド方向をみるのに役立ちます。基本的に+DMI>-DMIの場合はショート(売り)のトレードは控えます。また逆に-DMI>+DMIの場合はロング(買い)のトレードは控えることになります。
このルールはADXの値が25以上を示している時はとても重要なルールとなります。
(通常ADXが25以下の時は+DMIと+DMIが頻繁にクロスします)

※ADXが25以上の時、+DMI/-DMIどちらかが優勢であるか(どちらが上に位置しているのか) で優勢なトレンドが確定します。
→原則のその方向にのみエントリーをする!

下のチャートではADX25以上でエントリーチャンスが3回程度ありますが、2回目は移動平均線の短期(20)と長期(75)の位置関係から判断して上昇トレンドなので見送ります。この局面はロング(買い)戦略でブレイクアウト、押し目買いを狙う戦略となります。
dmi

全文を読む

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home > Tags > テクニカル

RSS Feed
Tag Cloud

Return to page top