Home > Archives > 2008-12

2008-12

トレンドラインの引き方・見方がわかる本。

MaiオススメFX書籍のご紹介(その2)

高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ) マーセル・リンク

 

トレンドラインの引き方、見方、複数時間枠でトレンドを捉える・・・等、トレンドフォローによる着実

なFXトレード手法がわかる本です。

基本的なFX基礎用語を理解された方から中・上級者まで広くおすすめできます。

Maiはこの本でトレンドに逆らわないトレード方法を改めて認識・反省して、日頃のトレードにはげ

んでいます。

この本の内容に大半は、1つのトレードスタンス、つまり、メジャートレンドに従った「トレンドフォロ

ー」の手法について詳細に書かれています。

トレンドでトレードするためのツールとしてのトレンドラインの引き方、MACD、RSI、ストキャスティ

クス等、各種インディケーターの正しい使い方(必見!)、手仕舞いからストップ方法まで目から鱗

の解説が盛りだくさんで構成されています。

この本は投資専門のPanRollingから出版されているのですが、6,090円(税込)!と一般のFX入

門書と比較すると大変高額です。・・・・しかし、正直いいますと、それだけの価値はあると思いま

す。FXブームで書籍が多数出版されていますが、1,000-2,000円程度のFX関連書籍の大半は

FXの基本で構成されていて、どれを読んでもあまり内容が変わらないと感じたりしていないでしょ

うか?

また一通りの知識がついたけれども、漠然とトレードしたりして自分なりのトレード戦略なり 方針

をもっていない方はいないでしょうか?

全体で約600ページと相当のボリュームで、それだけ中身が濃く、巷のFX入門書とは雲泥の差

があります。常に手元において読み返すことをオススメいたします。

書かれて いる内容からもその価値は十分はあり、有料セミナーに参加したとおもえば、元は取

れると思いますヨ^-^。 

Maiオススメ度:

 

高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ) マーセル・リンク

■概要

最高のトレーダーは、勝算があると思ったときにだけトレードを行う。本書では、低確率な状況と

高確率な状況とを見分け、高確率な状況下でのみトレードする方法を紹介する。多くのトレーダー

の弱点と陥りやすい過ちを指摘するだけにとどまらず、こうした欠点を理解し克服することでそれ

らを有利に活用する方法についても解説する。

高確率な押し・戻り売買と正しくオシレーターを使って、運やツキでなく、将来も勝てるトレーダ

ーになる!

夢と希望を胸にトレーディングの世界に入ってくるトレーダーのほとんどは、6カ月もしないうちに

無一文になり、そのキャリアを終わらせる。この世でこれほど高い「授業料」を払う場があるだろう

か。こうした高い授業料を払うことなく、最初の数カ月を乗り切り、将来も勝てるトレーダーになる

ためには、市場での実績が証明されたプログラムが不可欠である。本書はこのような過酷なトレ

ーディングの世界で勝つためのプログラムを詳しく解説したものである。

トレーディングの現実を著者独自の観点からあぶり出し、短期トレーダーと長期トレーダーたちに

よる実際の成功例や失敗例をチャートとケーススタディを通じて検証する本書は、まさにトレー

ディングの生きたガイドブックといえるものである。 本書のテーマは以下のとおりである。

  • 成功するトレーダーたちに共通する10の特徴を知り、それを身につけるための方法
  • トレーディングという勝負の世界で感情をコントロールするための方法
  • トレンド、ブレイクアウト、リバーサルなどを見つけるためのテクニカル分析の手法
  • 効果が市場で実証されたシグナルに基づき、常にベストな仕掛けと手仕舞いのタイミングを計る方法
  • 「ニュースでトレード」する方法――ニュースがすでに価格に織り込み済みかどうかを見抜くことが大切
  • 損失が拡大する前に悪いトレードを手仕舞う方法

■目次

第1部 トレ-ディングの心得(トレ-ディングの授業料;現実的な目標を設定しよう;ハンディをなくせ)

第2部 ニュ-スの利用(ニュ-スでトレ-ドする)

第3部 テクニカル分析(複数の時間枠でチャンスを広げよ;トレンドでトレ-ドする;オシレ-タ-を使う;ブレイクアウトと反転;手仕舞いとストップ;高確率トレ-ディング)

第4部 プランに基づくトレ-ディング(トレ-ディングプランとゲ-ムプラン;システムトレ-ディング;バックテストについて;マネ-マネジメントプラン;リスクパラメ-タの設定とマネ-マネジメントプランの作成)

第5部 自己管理(規律-成功へのカギ;オ-バ-トレ-ディングの危険性;内面を鍛えよ-常に冷静であれ)

■著者紹介

マーセル・リンク(Marcel Link)
1991年よりプロのトレーダーとしての活動を開始。リンクフューチャーズ・ドットコムの創始者であり、TradeStationのコンサルタントとしても活躍。リンクフューチャーズ・ドットコムのウエブサイト(http://www.linkfutures.com/)では、トレーディングコミュニティーをはじめ、日々の市況解説、テクニカル分析のノウハウ、トレーディングシステムの開発、トレーニング、セミナー、マーケティングなど、トレーダーに不可欠な各種情報を幅広く提供している。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home > Archives > 2008-12

RSS Feed
Tag Cloud

Return to page top